2008年12月15日

「30代男性特有のにおい」解明!?

本日は少し前のものですが、「30代男性特有のにおい」をライオンが解明という記事を紹介します。

記事によると、「ライオンは、男性が30歳代になると自分の体臭が変化したと感じることに注目し、においの原因物質と発生の仕組み、抑制方法を解明した」ようです。30歳代男性に特有のにおいの主な原因物質は皮脂が酸化した「ペラルゴン酸」で、加齢臭とは異なる使い古した食用油に似た独特のにおいがするということで、我々が忌み嫌う加齢臭の主な原因物質である「ノネナール」とは異なる臭気らしいです(自分では全くわかりませんが・汗)。

このニュースのリンク

これはこれで、穏やかならざる発見と言わねばならず(苦笑)、我々にとってまた一つ「新たな敵」が登場したことになります。

加齢臭の前に立ちはだかるこの「ペラルゴン酸」という新しい未知の関門、ライオンは30歳代男性向けの商品を開発する、とのことですが一刻も早い開発を願うばかりです。


posted by 体臭解決探検隊 at 00:19| Comment(0) | 体臭全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。