2006年09月21日

加齢臭のインパクト

今回からは特に我々に今後関係するであろう(苦笑)「加齢臭」について書いてみたいと思います。
まずは、この言葉の放ったインパクトについて書き記したいと思います。

そもそも、ちょっと前まではこの「加齢臭」という言葉自体存在していませんでした。今にして思うと、存在していない方が良かったかもしれません(本音)。それが、資生堂の研究により、あの一種独特の臭いのメカニズムが明らかにされると同時に「加齢臭」という、ひじょうに強烈な衝撃を伴うネーミングがされました。強烈なインパクトを伴っていましたから、これはすぐ伝播するぞと思っていたところ、案の定あっという間にこの名称は浸透し、そしてまた、あっという間に世の男性諸氏を恐怖のどん底に突き落としたのです(!)
自身、既にいろいろ臭いを気にしていたのに、この上さらに「加齢臭」という強大な敵が出現したようで、そしてその敵と遭遇することは不可避であるということを理解した瞬間、気が遠くなったことを今でも鮮明に覚えています(溜息
そして伝播すると同時に、職場では事ある毎に「加齢臭」が話題となる始末で(苦笑)、その影響力の大きさを物語っています。また、「●●さん、最近ちょっと臭くない?」という女性の言葉を恐れる男性の割合は、命名以前に比し数倍に増加しているはずです。なぜなら、それに続く「そろそろ加齢臭を放ち始める歳だもんね・・・」という言葉が誰でも頭をよぎるからです。。。

と、まあ、いろいろ「いやな気分」にさせてくれるこの「加齢臭」ですが、既にご存知の方も多いことは敢えて承知の上で、次回はそのメカニズムについてご紹介いたします。
ラベル:加齢臭
posted by 体臭解決探検隊 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 体臭全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。