2006年10月17日

わきが対策アイテム リンゴ

本日は、わきが(腋臭・ワキガ)対策アイテムとして、「リンゴ」をご紹介したいと思います。「わきが(腋臭・ワキガ)リンゴ?」とお思いになられるかもしれませんが、最近の研究で、リンゴの持つ働きの一つがわきが(腋臭・ワキガ)に有効であることが解明されてきているようです。

ここでキーワードとなるのは「アポタンパク」という物質です。これは以前にも説明しましたアポクリン腺内で生成され、わきが(腋臭・ワキガ)臭の原因と考えられています。ということは、このアポタンパクを抑えることができれば、臭いも低減させることができると言えます。では、このアポタンパクを抑えるものとは何か?

それが、リンゴなのです。
現在、リンゴ繊維質アポタンパクを抑えるのに効果があるという研究が進んでおり、さらに、このリンゴ繊維質は、あの加齢臭原因の一つともなる動脈硬化にも効果があるという、極めて優れた効能を発揮するようです。

では、どのようにリンゴを活用すればいいのかについてですが、「リンゴ湿布」がその王道?のようです。
作り方は簡単で、リンゴ1個をすりおろした上でガーゼで絞り、その繊維質(絞りカス)を布に包んでわきの下に当てるというものです。これだけ!
まずはお手軽にできる対策として、これをやらない手はありません。早速チーム内でも試してみたいと思います。
posted by 体臭解決探検隊 at 10:13| Comment(4) | 体臭全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何分くらい脇の下にリンゴのかすを挟んどけばいいのですか??
Posted by 暇人 at 2007年09月16日 14:46
ご質問ありがとうございます。

リンゴ湿布についてですが、そんなに長い時間当てる必要はなく、5分〜10分くらいでいいようですよ。
Posted by 体臭解決探検隊1号 at 2007年09月17日 09:51
ありがとうございます。どのくらい効果があるんですか??
リンゴ湿布をやるときは寝る前と朝どちらが良いんですか??
質問ばかりしてすみません。
Posted by 暇人 at 2007年09月17日 20:51
暇人さん、

我がチームに時々リンゴ湿布を実践している者がいるんですが、その者によると
・効果は人による
・寝る前よりも朝
だそうです。
本人は結構効果あり、と言っておりますが、実際はやはり人によって効果は違うのではないでしょうか?

あまりお役に立てずすみませんです。
Posted by 体臭解決探検隊1号 at 2007年09月18日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。