2006年11月06日

体臭・加齢臭の予防・対策法 濡れタオル(ハンカチ)

今回も、体臭加齢臭等の予防対策法をご紹介いたします。今回ご紹介する方法はとっても簡単!「濡れタオル(またはハンカチ等)」で汗を拭く、というたったこれだけです。

地球温暖化が進んでいるせいか、秋が深まってきても汗をかく日が多く、体臭(または加齢臭)等を気にする人にとっては油断ならない日々(苦笑)が続いていますが、さて、皆さんは汗をかいた時にどうされるでしょうか?そんなこと決まっていますね、ほとんどの場合は「ハンカチ等で汗をぬぐう」ことでしょう。しかし、ここに思わぬ落とし穴があるのです。ご存知でしたか?

普通、汗をぬぐうハンカチ等は乾いていますよね?こういう「乾きもの」(?)を使ってぬぐった場合、汗の「水分」のみが吸収され、においの素となる成分は皮膚上にそのまま残ってしまうのです。そして、この残ってしまった成分がさらに悪臭を呼ぶという「負の連鎖」に陥ることとなってしまいます。恐らく、ほとんどの方は知らず知らずに、この「負の連鎖」状態になってしまっているのではないでしょうか?

従いまして、できれば汗をぬぐう際は「濡れタオル(またはハンカチ等)で、ということになるのです(レモン水等を染み込ませたものを使えば、より効果的です)。しかし、そうは言っても常にこれらを用意する、ということも日常生活では難しいでしょう。

そこで、駅のトイレを利用するということや、「ちょっと休憩」で喫茶店等に入った際(苦笑)に「おしぼり」を使う(→この行為自体、「親父くさい」として嫌われるものですが、そんなこと言ってる場合ではありません・苦笑。なお、「おしぼり」の衛生面等への懸念を指摘する声もありますが、例えば首周りを拭くくらいであれば問題ないと思います)等が考えられます。また、この手の効果のある製品(デオドラントペーパー等)を使っても良いでしょう。いずれにせよ、「乾きものはさらなる不幸を呼ぶ」(←何か訳のわからない標語のようになってしまいましたが)ということを十分認識し、対処していくことが肝要です。

ということで、日常生活において、できる限り心掛けていきましょう。
posted by 体臭解決探検隊 at 17:04| Comment(0) | 体臭全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。